夏季休業のお知らせ

8/10~8/18 は休業となります。
受注発送、お問い合わせは8月19日以降に対応させていただきます。

       

BLOG

BLOGカテゴリへ移動

koumaru

確認しましょう!ジュエリーの”刻印”について【プラチナ・ゴールド・シルバー】

  • 2019年01月10日

 

バナー全商品へ移動

 

こんにちは、FLACIAです

 

【11月7日のブログ】で簡単にご紹介しました刻印について、

勘違いしやすいものなどをご紹介します

加えて、金メッキなどの刻印についてもご紹介いたします

 

 

ジュエリーで使用される刻印として

「ブランド名」

「金種」

「宝石のカラット」

「宝石の鑑定ナンバー」

「シリアルナンバー」

「メッセージ」

が挙げられます
また、記号などを使用してあらわす場合もあります

 

 

金種とは、使用されている金属の種類です

プラチナでは「Pt900」、金では「K18」等になります

形状によって、刻印は変更されていきます

 

 

宝石の無い最もシンプルなリングであれば、

「ブランド名」「金種」となります

プラチナ製品には千分率を使用した

「Pt999」「Pt950」「Pt900」「Pt850」

の四区分を使用します

 

フラシアでは「Pt900」を使用しています


刻印
 

 

次に注意が必要な例をまとめます

 

 

色味の似ているシルバーに刻印され、

プラチナ勘違いしやすいものに以下のものが挙げられます

刻印 使用例 種類 内容
PT100 Pt100 金属比率 プラチナを10%含む銀製品。プラチナ製品ではない
P/S P/S 金属比率 一般的に、10:90=プラチナ:銀の素材。プラチナ製品ではない

 

このように、普段使用しない千分率などの表示により

わかりにくい場合があるので注意しましょう

 

 

金には、重量比率の24分率(Karat:カラット)が使用され、

「純金」=「約99.99%」=「K24」となります

金は、メッキ等で使用することも多く刻印部分にも表示されます

金種の部分は、使用する純度によって変わります

 

刻印 使用例 種類 内容
●M K18 3M 金メッキ K18が3M(ミクロン)メッキされている(数値は変動)
1/● K18 1/20 金メッキ K18が1/20ミクロンメッキされている
GP K18GP 金メッキ GOLD PLATED:ベース金属に対して金メッキを施したもの
GF K18GF 金張り GOLD FILLED:ベース金属に金を高熱圧着等で接着したもの
GS K18GS 金張り GOLD SHELLED:金張りをしたもの
GEP K18GEP 電気メッキ GOLD ELECTRO PLATED:金を電気メッキしたもの

 

 

あまり多くはありませんが、

金であっても千分率で表示される場合がありますが、

これは正確な表示方法なので問題にはなりません

 

 

日本製や海外製では、

刻印の種類が異なる場合があることにも注意が必要です

日本製のジュエリーは、

品質管理の意識が高いのであまり気にすることはないと思います

 

 

ジュエリーを選ぶ際に、

必ず役に立つ知識となるので、

ご活用していただければ幸いです。

 

 

今回の記事に掲載されているリングをご紹介します

FLACIA_極細シンプル甲丸リングFLACIA_極細ミルメレリング

画像クリックで商品ページに移動できます

 

それでは、よい一日を!

 

 



ここでの正確な刻印という意味は、表記の形式が正しいというものです。正確な刻印表示を使用している場合であっても、内容が異なる場合があります。

ご不明な点、間違いがございましたら、お手数ですがお問い合わせよりご連絡頂けると大変助かります。


バナーショップへ移動

バナー全商品へ移動

バナーサプライズコインへ移動

バナー質問コーナーへ移動


BLOGカテゴリへ移動
BLOG一覧へ移動

商品カテゴリー

  • リング
  • ピアス
  • ネックレス
  • サプライズコイン
  • ハーフエタニティリング

  • 全商品
  • 新商品
  • 限定品