BLOG

BLOGカテゴリへ移動

モノクロジュエリーリング

海外のジュエリーで使用される刻印について【金種・プラチナ・金・銀】

  • 2019年06月25日

 

こんにちは、FLACIAです

 

 

近年、中国のジュエリー市場が

経済発展と共に

大幅な伸びを見せているようです

 

 

ジュエリー業界でも

中国から参入してくる

ブランド・業者さんが増えています

 

 

 

そこで今回は

ジュエリーに刻印されているかもしれない

普段の刻印とは違う見慣れない刻印

 

中国も含めた海外で利用される

金種=金属の種類についての

刻印についてご紹介します

 

 

 

「日本で利用される品位と純度一覧」

↑クリックで確認できます

 

 

 

世界的に使用されている刻印

 

プラチナ:Pt●●●

刻印例:Pt999、Pt900

 

金:K●●

刻印例:K24、K18

 

銀:Ag●●

刻印例:Ag999A、Ag925

 

このように刻印されます

 

 

金など色で判断できる場合は

「750」や「999」など

千分率のみの場合もあります

 

※シルバーについては
日本ではSV●●と表記されることが多いですが
元素記号のAgを利用する方がより正確とのことです
SVが間違っているというわけではありません

 

 

さて

海外で使用されている刻印について

 

 

海外の金の刻印

 

KP:●KP

Kが「カラット」P「完全」の意味です

 

KT:●KP

KARATの略で使用されています

 

あと金と呼ばれる

数字の後にKがくる刻印もあります

 

 

中国で利用される刻印

 

万足金:品位K24同等

 

千足金:品位K22同等

 

足金:品位K20同等

 

漢字での表現は

中国らしいですね

単位に注意してください

 

刻印

 

プラチナの刻印

 

Pm:Pm●●●

Ptと同様に使用

古いプラチナ製品に見られます

※現在はPtでほぼ統一されています

 

 

中国で利用される刻印

 

純白金/正白金

刻印Pt999と同等とされるが

品位が低い場合もあります

 

 

このように

海外の製品で刻印が違う場合があります

表記が違う場合であっても

偽物とは限りません

 

 

逆に、偽装された刻印もあります

 

信頼のおける販売店での購入は必須です

 

 

刻印で注意すべきは

分かりにくい刻印の場合です

 

メッキ金張りのアクセサリーに

多くありますので勘違いに注意です

 

 

金メッキなどの刻印については

【確認しましょう!ジュエリーの”刻印”について】

こちらを参照ください

 

 

 

海外製品でもよいものは多くあります

しかし、粗悪なものは勿論あります

 

 

選ぶ基準や知識をしっかり持つことが

良いジュエリーを選ぶポイントです

 

FLACIA_極細花モチーフリング極細花モチーフリング

 

 

FLACIAのプラチナは

Pt900で傷に強くなるように

ルテニウムを6%配合しています

 

 

レンタルで品質を確かめることも可能なので

日常で試してからご購入が出来ます

 

お気に入りが見つかりますように

 

バナージュエリーレンタルへ移動

 

それでは、よい一日を!

 

 

 


※間違い、ご不明な点がありましたら、「お問い合わせ」よりご連絡ください。


バナーショップへ移動

バナー全商品へ移動

バナーサプライズコインへ移動

バナー質問コーナーへ移動


 

BLOGカテゴリへ移動
BLOG一覧へ移動

商品カテゴリー

  • リング
  • ピアス
  • ネックレス
  • サプライズコイン
  • ハーフエタニティリング

  • 全商品
  • 新商品
  • 限定品

メイドインジャパンでしかできない

FLACIAジュエリー