BLOG

BLOGカテゴリへ移動

薬錠剤

ジュエリーの金属アレルギーについて【FLACIA】その2

  • 2018年12月19日

 

こんにちは、FLACIAです

 

今回は、引き続き金属アレルギーについてご紹介いたします
前回は、素材についてでしたが、今回は金属アレルギーに関すること」を記載します

 

金属アレルギーの怖い部分は、発症すると治ることはほぼないことと、各金属で発生の場合がある点だと思います

 

体内で、アレルゲンと戦うために引き起こされるのがアレルギー反応です

この免疫は優秀で一度敵となるアレルゲンを覚えると一生記憶するといわれています
そのため、軽度の状態で止めることはできても、完全に治すことは困難だと言われています

 

 

自分の金属アレルギーを知る方法は、医療機関でのパッチテストとなります

パッチテストは、背中など広い範囲の部分に、各金属の試薬を複数個貼り付け実験します
このテストには、2日程度(もしくはそれ以上)貼り付けたままで生活し、その間は、お風呂などには入れません
詳細を調べると、日常生活に影響が大きいテスト方法だと思います

 

 

274人の被験者に対して行われたパッチテストの結果のグラフが以下のものになります
各金属についてアレルギーを発症した割合を確認できます

金属アレルギー結果グラフ
引用:1987年、東京都済生会中央病院皮膚科の金属パッチテスト調べ

(対象:全国アレルギー患者274人)(単位:%)

 

アレルギーを起こしにくい金やプラチナでもアレルギーは発生し、少量であっても発生すると言えます

純銀に関しては、発症しなかった結果が得られています

 

 

最も被害が出る商品としてピアスが挙げられます
ピアスのような装身具は身体の皮下組織に直接触れるものが多くあり、体液と触れる時間が増えるため、アレルゲンが発生しやすく、局所の症状だけでなく、血管から全身にアレルゲンが運ばれる場合があります
この場合は全身性金属アレルギーとなる恐れがあります

 

全身性金属アレルギーは、一般的に食物中に含まれる金属イオンによっても引き起こされると言われています。
様々な方面から見ても、金属アレルギーには、しっかりとした注意が必要だとわかります

 

 

以上のように、金属アレルギーの一つのポイントから見るだけでも
商品の素材にはしっかりとした注意が必要だと言えます
日本製品は、品質管理力が世界でもトップクラスに高いので、この観点から見れば、商品選択の最有力になります

 


最後に、覚えていただきたい事項として、
基本的にどのような金属でも、金属アレルギーを発症する可能性があります
少しでもかゆみ等のアレルギー症状がみられる場合は、すぐに着用を中止し、皮膚科で検診を受けることをお勧めします

 

それでは、良い一日を!!

 

 

※金属アレルギーについてはこちらもご覧ください

金属アレルギー「その1」

金属アレルギーの健康被害報告書

 

 



ブログ内容に関してご不明な点、間違いがございましたら、お手数ですがお問い合わせよりご連絡いただけますと大変助かります。

ブログ記事に書かれている内容については、専門性に特化しているため、一般的に調べることのできる範囲であることをまとめました。そのため、整合性の保証は出来かねますので、ご了承の上、ご活用いただけると幸いです。


バナーショップへ移動

バナー全商品へ移動

バナーサプライズコインへ移動

バナー質問コーナーへ移動


 

BLOGカテゴリへ移動
BLOG一覧へ移動

商品カテゴリー

  • リング
  • ピアス
  • ネックレス
  • サプライズコイン
  • ハーフエタニティリング

  • 全商品
  • 新商品
  • 限定品