BLOG

薬カプセル

ジュエリーの金属アレルギーについて【FLACIA】その1

  • 2018年12月18日

こんにちは、FLACIAです

 

今回は、目に見えない、しかし、見逃してはいけない情報である
ジュエリー素材の「金属アレルギー」についてご紹介します

 

簡単な概要として

金属アレルギーは、金属が汗等で溶け、溶けだした金属イオンと人体の蛋白質が結合してアレルゲンとなり発症すると言われます
一方で、金属ナノ粒子が原因であるとの論文も出ており、根本的なアレルギーの解明には至っていません
直感的には、素材である金属が肌に合わないといったところでしょう

 

金属には、アレルギーを引き起こしやすいもの、そうでないものがあります
文献や実験内容で順番は前後しますが、ほぼ以下のような順序になります

 

引き起こしやすいものから、

水銀、ニッケル、コバルト、スズ、パラジウム、クロム、鉄、アルミニウム、銅

ここまでは、一般的にアレルギーを引き起こしやすいものと言われます

 

つづいて、ここからは引き起こしにくいもの

ルテニウム、プラチナ、イリジウム、銀、金、チタン、ジルコニウム、ハフニウム、ニオブ、タンタル

このような順番となります

 

(※注意 実験の全体数の中から、起こす確率が多い順と捉えてください。

金のみに金属アレルギーを起こす方もおり、個人差は大きくあります。)

 

 

各金属を以下の原子表で確認してみましょう(赤丸が上記の金属)

原子表

各金属と、アレルギーの発生のしやすさが見て取れると思います。

 

ジュエリーの素材には、割金として、主となる金属以外の金属が配合されるため、
もとになる金属がアレルギーを起こさなくても、割金がアレルギーを引き起こす場合がありますプラチナでは、ごく一部でニッケルを割金として使用しているところもあるといわれます

 

プラチナに限らず、でも同様の注意が必要です

 

このように、素材には目に見えずとも、人体にとって重大な影響を与える要素が含まれます
素材の品質の見極めには注意しましょう

 

一般的にアレルギーでも安心と言われる純金などでも、
アレルギーは引き起こされます!

 

詳しくは、金属アレルギー「その2」で、ご紹介します。
興味のある方は、続けてお読みいただけると幸いです

 

それでは、良い一日を!!

 



ブログ内容に関してご不明な点、間違いがございましたら、お手数ですがお問い合わせよりご連絡いただけますと大変助かります。
ブログ記事に書かれている内容については、専門性に特化しているため、一般的に調べることのできる範囲であることをまとめました。そのため、整合性の保証は出来かねますので、ご了承の上、ご活用いただけると幸いです。


 


サプライズコインバナー
画像クリックでサプライズコインページへ


フラシアのリングはこちらをクリック


 

商品カテゴリー

  • リング
  • ピアス
  • ネックレス
  • サプライズコイン
  • ハーフエタニティリング

  • 全商品
  • 新商品
  • 限定品