BLOG

BLOGカテゴリへ移動

TOP

貴金属ジュエリー品位の証明「ホールマーク」について

  • 2019年08月20日

 

こんにちは、FLACIAです

 

 

今回は、歴史のある刻印

「ホールマーク」についてご紹介します

 

 

ジュエリーには金種宝石の情報が

刻印として記されます

 

 

その中で「ホールマーク」と呼ばれる刻印は

品位の証明として使用されてきました

 

 

 

「ホールマーク」という言葉自体は

14世紀から使用されているため

かなり歴史のあるものといえます

 

 

 

ホールマークでは

貴金属の金種品位が分かると言われています

 

 

アンティークジュエリーで多く見られますが

刻印は後に加工できるため、

真偽に対して判断はできません

 

 

 

日本でホールマークといえば

独立行政法人「造幣局」

品位試験の後に証明記号として打刻しています

 

 

国ごとにホールマークは変化するので

日本独自のホールマークが使用されます

 

 

 

日本のホールマーク

出典:独立行政法人造幣局HP>貴金属製品の品位証明

 

 

 

 

日本のホールマークは、

 

日本の造幣局であることから「日本国旗」

ひし形内に千分率での「品位(‰表記)」

プラチナのみ「四角にPt」

 

これらが刻印されます

 

 

 

例えば、日本国旗<750> があれば

金の品位が75%との証明となります

 

 

 

品位については、

 

プラチナ製品:4品位

金製品:6品位

銀製品:5品位

 

で分かれています

 

 

 

品位についてはこちらのブログもおすすめ

「品位一覧BLOG」

 

 

 

各国独自のホールマークがあるので

見比べてみるのも面白いです

 

 

アンティークジュエリーの魅力の一つで

現在でも証明として利用されている

ホールマークですが問題点もあります

 

 

 

ホールマークを造幣局にて打刻してもらうには

一つひとつ費用がかかり、

また分析に対して時間が必要なことです

 

 

作業効率化と経費削減の観点から

FLACIAではホールマークを刻印しておりません

 

通常の「Pt900」を刻印しています

 

刻印

 

 

信頼できる工房に依頼してるため

品位について、Pt900で間違いないといえます

 

 

この点は、日本の品質管理の高さに助けられています

日本製の信頼度の証明ともいえます

 

 

 

ホールマークは

品位を表すものなので、

技術力などは確認出来ません

 

 

 

そのためジュエリーを選ぶときは

自分の目で細かい技術の確認が必要です

 

 

品位にとらわれず

そのものの良さを判断して

選ぶことをおすすめします

 

 

 

FLACIAでは、

本物のリングをレンタルしています

 

日常で着用しながら、確かな技術をお確かめください

 

バナージュエリーレンタルへ移動

 

それでは、よい一日を!

 

 

 


※間違い、ご不明な点がありましたら、「お問い合わせ」よりご連絡ください。


バナーショップへ移動

バナー全商品へ移動

バナーサプライズコインへ移動

バナー質問コーナーへ移動


 

BLOGカテゴリへ移動
BLOG一覧へ移動

商品カテゴリー

  • リング
  • ピアス
  • ネックレス
  • サプライズコイン
  • ハーフエタニティリング

  • 全商品
  • 新商品
  • 限定品