BLOG

BLOGカテゴリへ移動

甲丸0.9リング

FLACIAのPt900について【ルテニウム・プラチナ・ジュエリー】

  • 2019年08月07日

こんにちは、FLACIAです

 

 

 

過去にビッカース硬さのブログでも紹介した

FLACIAのプラチナについて

 

 

今回は特に

ルテニウムとプラチナです

 

 

 

このふたつの金属は同じ白金族元素

物理的化学的性質がよく似ています

 

腐食・酸化に強いことも似ています

 

 

似ていても違う部分はしっかりあり、

 

ルテニウム

硬い

粘りが強くない

融点が2334 ℃

 

プラチナ

やや柔らかい

粘りがある

融点が1768℃

 

このような特徴が見られます

 

硬さ融点が大きく違います

 

 

 

FLACIAのPt900には

ルテニウムを6%も配合しています

 

 

強度と硬度を高めてくれる

硬いルテニウムを

通常よりも多く配合することで

FLACIAのプラチナジュエリーは

傷や変形に強い素材となりました

 

 

 

プラチナ合金であるPt900では

プラチナを主としてルテニウムなどを

溶かしていくことで混ぜ込みます

 

 

バーナーによる溶解

※サンプル画像|バーナーによる溶解(FLACIAでは行っていません)

 

 

 

融点の違い

ここで問題となります

 

 

 

プラチナの融点と比べ

560度以上温度の高い状態を

保ちながらの作業をしなければなりません

 

 

 

一般的なハードプラチナにも

ルテニウムは使用されますが

FLACIAの場合は量が多いので

高い技術を持った鋳造が必要となりました

 

 

 

技術が足りないと

ルテニウムが溶け切らず

融合しないものが出来たり

冷却温度の違いで穴が出来たりもします

 

 

 

技術と工夫によって

製作することが可能となり

自信をもって提供できる

素材が完成しました

 

 

純プラチナの硬度「約50Hv」に対して

5倍以上の「287Hv」を示します

 

傷に強い、変形しない理由がここにあります

 

更に高い強度により宝石を止める爪を

小さくでき輝きを際立たせます

 

 

【プレミアム】極細ハーフエタニティダイヤモンドリング

 

 

硬いので、磨く作業も大変なのですが

その話は、また別のブログでご紹介します

 

 

 

Pt900といっても、

各ジュエリーブランドで

配合の内容は変化します

 

 

素材の内容を知ることも

ジュエリーを長く使うために役に立ちます

 

 

ジュエリーを探す時には、聞いてみて

満足できる素材を選んでくださいね

 

 

 

 

FLACIAでは、

本物のPt900のプラチナリングを

レンタルしています

 

 

品質の高さを日常で

使用しながらご確認いただけます

 

バナージュエリーレンタルへ移動

 

 

それでは、よい一日を!

 

 


※間違い、ご不明な点がありましたら、「お問い合わせ」よりご連絡ください。


バナーショップへ移動

バナー全商品へ移動

バナーサプライズコインへ移動

バナー質問コーナーへ移動


 

BLOGカテゴリへ移動
BLOG一覧へ移動

商品カテゴリー

  • リング
  • ピアス
  • ネックレス
  • サプライズコイン
  • ハーフエタニティリング

  • 全商品
  • 新商品
  • 限定品

特別なプラチナを選ぶ理由

FLACIAのプラチナジュエリー

メイドインジャパンでしかできない

FLACIAジュエリー