BLOG

BLOGカテゴリへ移動

ミルメレリング

プラチナジュエリーに使用される割金【金属・成分・品位】

  • 2019年05月22日

バナー全商品へ移動

 

こんにちはFLACIAです

 

 

今回はプラチナの成分についてご紹介

素材を選ぶうえで大切なことです

ご参考に!

 

 

 

FLACIAで使用しているプラチナ

「Pt900」と刻印されています

 

 

90%のプラチナ10%の他の金属

(割金:わりがね)という意味です

 

 

日本のプラチナ製品は以下の

Pt999 Pt950 Pt900 Pt850

4区分のみで分けられています

 

 

プラチナ

どのような金属か想像がつくと思います

 

 

では、それ以外の割金はいかがでしょうか

 

 

どのような金属が使われているか

明記されることは少ないでしょう

 

 

ジュエリーメーカー独自の配分

意図的に異なる金属を入れる場合

様々な企業秘密があります

 

 

では、一般的な素材を見ましょう

 

 

プラチナに対する割金

パラジウム ルテニウム ニッケル

があげられます。

ニッケルはアレルギーの原因になるので日本では基本使用しません

 

 

これらはプラチナと相性が良く

強度 光沢 色味

などを調節するために使用します

 

 

 

プラチナ90%パラジウムを10%

割金で使用すると

一般的なハードプラチナになります

 

ビッカース硬度は平均130Hv程度でしょう

 

 

 

ネックレスなどで利用するPt850

パラジウム15%使用する場合は、

 

ビッカース硬度が200Hvまで上がります

 

 

品位別のハードプラチナの場合は

このあたりが平均的な値です

 

モノクロジュエリーリング

 

 

FLACIAプラチナ

プラチナ90%ルテニウム6%配合し

平均287Hvの硬度を示します

 

 

ハードプラチナより傷がつきにくい

プラチナといえます

 

 

 

日常で常に使用いただくため

硬いプラチナを利用したジュエリーを

製作しております

 

 

繊細なデザインも硬いことから可能になり

これからのジュエリーデザインの

幅がより一層広がる素材です

 

 

大切なジュエリーの綺麗さを長持ちさせます!

 

レンタルをご用意しておりますので

お試しください!

バナージュエリーレンタルへ移動

それではよい一日を!

 

 

ビッカース硬度は表面の硬さです

ビッカース硬度については、こちらをご覧ください

【BLOG記事ビッカース硬度について】

 


※間違い、ご不明な点がありましたら、「お問い合わせ」よりご連絡ください。


バナーショップへ移動

バナー全商品へ移動

バナーサプライズコインへ移動

バナー質問コーナーへ移動


 

BLOGカテゴリへ移動
BLOG一覧へ移動

商品カテゴリー

  • リング
  • ピアス
  • ネックレス
  • サプライズコイン
  • ハーフエタニティリング

  • 全商品
  • 新商品
  • 限定品