BLOG

BLOGカテゴリへ移動

ダイヤ

宝石の大切なチェック要素「劈開性」について【ジュエリー・選び方】

  • 2019年08月21日

 

こんにちは、FLACIAです

 

 

過去にご紹介した

宝石のポイントブログ

 

「靭性」について

 

から引き続き

 

 

宝石の知っておくべき要素である

「劈開性」についてご紹介いたします

 

 

劈開(へきかい)というのは

割れ方の特徴といえます

 

 

結晶に対して

縦に割れるのか、横に割れるのか

そんなイメージです

 

 

 

ちなみに劈開がない宝石も多いです

 

有名なものとして

 

ルビーやサファイヤのコランダム

ジェイドやネフライトのひすい

 

があげられます

 

 

 

劈開の種類は方向で分けられます

 

どの方向と平行に劈開するかで

判断されます

 

 

劈開しやすい方向の数としては

 

1方向に劈開する宝石から

6方向に劈開する宝石など

 

こちらは数で立体の種類が分かれます

 

 

 

トパーズ

底面に平行の劈開を持ちます

劈開方向の数は1つです

 

 

ダイヤモンド

4方向に平行な劈開があります

八面体の形で結晶になります

 

 

この劈開

割れることがあるとマイナスのイメージに

なりがちですが

 

 

 

それぞれの宝石に施される

カットの手法に大きくかかわります

 

 

 

ダイヤモンドのブリリアントカットも

劈開性があるからこそできる加工なのです

 

 

 

エメラルド

参考画像|エメラルドのペンダントトップ

 

 

 

エメラルドカット

エメラルドの名前がついているのは

エメラルド原石の六角柱をうまく利用したためで

劈開を考えた割れにくいカットの工夫といえます

 

 

 

劈開の無い場合は

翡翠でおなじみの彫加工

カボションカットのような

ドーム型に研磨することが可能です

 

翡翠ひすい

参考画像|翡翠(ひすい)のペンダントトップ

 

 

ちなみに、劈開以外にも

裂開と呼ぶ方向性のある裂け方があります

 

 

劈開と裂開の違いは明確に定義されていますが

内容が分かりにくいので省略します

 

興味のある方が、検索してみてください

 

 

 

劈開や裂開以外でも

宝石は割れることがあります

 

強い衝撃には十分に注意してください

TOP

【プレミアム】クラシカルダイヤモンドリング

 

 

 

FLACIAでは

ダイヤモンドを使用した

プラチナジュエリーをご用意しています

 

綺麗なカットのダイヤを

お手ごろな価格でご提供します

 

 

日常で使用できるレンタルを用意してお待ちしています

 

バナージュエリーレンタルへ移動

 

 

それでは、よい一日を!

 

 

 


※間違い、ご不明な点がありましたら、「お問い合わせ」よりご連絡ください。


バナーショップへ移動

バナー全商品へ移動

バナーサプライズコインへ移動

バナー質問コーナーへ移動


 

 

BLOGカテゴリへ移動
BLOG一覧へ移動

商品カテゴリー

  • リング
  • ピアス
  • ネックレス
  • サプライズコイン
  • ハーフエタニティリング

  • 全商品
  • 新商品
  • 限定品