BLOG

BLOGカテゴリへ移動

研磨作業(バフ)

ジュエリーを輝かせる研磨剤について【高品質・製作】

  • 2019年07月31日

 

こんにちは、FLACIAです

 

 

本日は、

研磨の工程に欠かせない

研磨剤をご紹介します

 

 

 

皆さんが目にするジュエリー

研磨が完了したものです

 

 

もとになるのは

鍛造鋳造で形成した金属です

鍛造と鋳造の違いはこちらから

 

 

この段階では形が作られただけで

表面は、決して綺麗だとは言えません

 

 

 

ここから、綺麗にしていくために

研磨作業が行われていきます

 

 

 

研磨のイメージは

表面を徐々にきめ細やかにしていく作業です

 

 

きめ細かさの基準になるのが

研磨剤・砥石です

 

 

日常でのイメージは、

歯磨き粉や包丁の砥石が分かりやすいです

磨くための粒が入ったものですね

 

 

その形状は、

ペーストや固形など用途によって様々です

 

 

 

研磨剤に含まれる砥粒の粒の大きさ

表面の状態に影響していきます

 

番手(#●●番)と呼ばれる数字が

大きくなるほど細かくなります

 

 

紙ヤスリが分かりやすい例で

紙に砥粒を吹き付けたものです

触ると砥粒の細かさが確認できますね

 

研磨作業(顕微鏡で確認)

研磨作業-スコープで表面を確認しています。

 

 

 

職人たちは、

見栄え表面の手触り確認しながら

徐々に砥粒を細かくし

ジュエリーの輝きを引き出していきます

 

 

 

研磨剤の細かさは

JIS規格や国際ISOで定められているので

どのくらいの砥粒が使用されているかは

容易に確認できます

 

 

 

日本製のジュエリーでは、

#12000番の研磨剤で仕上げることが多いです

 

一般的に艶仕上げグロス仕上げと呼ばれる

艶やかな見た目になります

 

 

 

海外で見られる方法では

少し粗めの#8000番の研磨剤で仕上げてから、

ニッケル等の艶のあるメッキをかける方法もあります

見た目は綺麗にしあがり安価で行うことが出来ます

 

しかし、安全面には不安がある方法といえます

 

 

日本では一般的に行われません

高い技術が使用でき、安全に考慮しているためです

この辺りが品質と価格の考えの差でしょうか

 

 

 

細かな研磨剤は高価になりますが、

日本人由来の職人気質により

惜しげなく使用される印象があります

 

 

そのおかげで、日本の高品質は保たれています

安心してジュエリー購入できるのもこのおかげです

 

TOP【プレミアム】極細ヘイローダイヤモンドリング

 

FLACIAのジュエリーは

高級・ブライダルジュエリーを製作する

職人の手によって生み出されます

 

 

プラチナ自体の美しさを存分に引き出した

ジュエリーを日常でご使用いただけます

 

 

レンタルもご用意していますので

使用感や品質を生活の中でお確かめください

 

バナージュエリーレンタルへ移動

 

それでは、よい一日を!

 

 


※間違い、ご不明な点がありましたら、「お問い合わせ」よりご連絡ください。


バナーショップへ移動

バナー全商品へ移動

バナーサプライズコインへ移動

バナー質問コーナーへ移動


 

BLOGカテゴリへ移動
BLOG一覧へ移動

商品カテゴリー

  • リング
  • ピアス
  • ネックレス
  • サプライズコイン
  • ハーフエタニティリング

  • 全商品
  • 新商品
  • 限定品

メイドインジャパンでしかできない

FLACIAジュエリー