BLOG

BLOGカテゴリへ移動

モノクロジュエリーリング

傷つかないジュエリーはない!輝きのための特徴【プラチナ・宝石】

  • 2019年06月13日

 

こんにちは、FLACIAです

 

 

今回は

ジュエリーの傷についてのお話

 

 

皆さんはジュエリーの傷を気にしますか

 

普通は気にすると思います

 

 

しかし

残念なことに絶対に傷はつきます

 

 

 

FLACIAのプラチナは、

純プラチナの5倍以上

ビッカース硬度で「287Hv」を示します

 

 

貴金属の中では、

特に硬さのある強い素材だといえますが

傷が付きにくいとしか言えません

 

 

使用する事での傷は避けることはできません

 

傷つくことを避ける方法が大切になります

 

 

 

よく比較されるビッカース硬度

金属表面の硬度に使用します

 

 

日常生活で硬いものといえば

金属のみでしょうか

 

金属以外でも硬いものはたくさんあります

 

その点を踏まえて考えてみましょう

 

 

服にが付いていて、手で払う

 

ガーデニングで鉢植えを動かす

 

 

このような時にも傷はつきます

 

このシーンでは、鉱物による傷です

 

鉱物の粘土から出来たお皿にこすれても

傷になりますね

 

 

同様に

鉱物の一種の宝石で傷がつきます

 

TOP

シンプル1粒ダイヤモンドリング

 

 

ダイヤモンドのビッカース硬度

「 7,000~14,000Hv 」といわれています

 

表面の硬度は鉱物が圧倒的に硬いです

 

このような鉱物と接触すると傷がつくはずですね

 

 

収納のときなど

ジュエリーがぶつかる場合が要注意です

 

 

 

ダイヤは傷がつかない硬度を持っているため

エタニティリングパヴェリングのように

表面にダイヤの面積が多いもの

傷がつきにくく目立たないと言えます

 

TOP

ハーフエタニティリング

 

 

磨く場合考えると

 

ダイヤ以外の宝石が付いたジュエリーは

金属部分のみを磨くようにしましょう

 

 

FLACIAはダイヤのみを使用しているため

気にせずに磨けますが

 

他の宝石の場合は

宝石の表面を削り取ってしまう場合があります

 

 

また爪や石座が大きいものに負荷をかけると

変形・歪みの原因にもなりますのでご注意ください

 

 

素材の特徴をとらえて

扱い方を知ることが

綺麗な輝きを長持ちさせるコツです

 

 

特徴を捉えると

お手入れ方法などの

応用にも利用できるので

ジュエリーの素材は要チェックです

 

 

 

FLACIAでは

強度の高いプラチナダイヤモンドを使用しています

この情報を知るだけでお手入れが楽だとわかります

 

 

他のジュエリーの場合でも同様にお調べください!

 

 

それでは、よい一日を!

 

 


※間違い、ご不明な点がありましたら、「お問い合わせ」よりご連絡ください。


バナーショップへ移動

バナー全商品へ移動

バナーサプライズコインへ移動

バナー質問コーナーへ移動


 

BLOGカテゴリへ移動
BLOG一覧へ移動

商品カテゴリー

  • リング
  • ピアス
  • ネックレス
  • サプライズコイン
  • ハーフエタニティリング

  • 全商品
  • 新商品
  • 限定品