BLOG

BLOGカテゴリへ移動

アレキサンドライト_FLACIA

【アレキサンドライト】宝石の豆知識

  • 2019年09月17日

 

こんにちは、FLACIAです

 

 

 

宝石の豆知識に

今回は【アレキサンドライト】をご紹介します

 

 

変色効果を持った珍しい宝石です

 

 

1830年にロシアのウラル山脈で

発見された比較的新しい宝石です

クリソベリルの変種

モース硬度8.5

 

 

6月の誕生石

石言葉は、

「秘めた思い・高貴・魅力」など

 

 

名前の語源は発見当時のロシア皇太子だった

アレクサンドル2世に由来します

 

最初に発見されたアレキサンドライト

献上された日が誕生日だったそうです

 

和名では「変彩金緑石」と呼ばれます

 

 

 

四大宝石であるダイヤモンド、ルビー、

サファイア、エメラルドに加えて

五大宝石とする場合があります

 

 

 

光に含まれる色調のスペクトルの違いで

見える色が変わる変色効果を持ち

 

 

太陽光の下では青緑色、

白熱灯の下では赤色に見えます

 

 

この色は、含まれる不純物によるもので

変化の大きさは石ごとに変わります

 

アレキサンドライト_FLACIA

サンプル画像:アレキサンドライトの色変化(ブラックライト照射)

 

 

歴史的にみても

発見されたのは1830年なので

比較的新しい宝石です

 

産出国であるロシアでは特に珍重されました

 

 

その後ロシアでの産出は少なくなり

現在では

東アフリカやブラジル、スリランカ産の

アレキサンドライトが主流です

 

 

しかしながら、ロシア産の方が

品質が高かったと言われています

 

 

 

ジュエリーとして

大きいカラットが取れにくいことと

色の変化にも基準があり

条件によっては

ダイヤモンドよりも高価になります

 

 

シャットヤンシーを持つものも

貴重で高価になります

 

シャットヤンシー効果_FLACIA

サンプル画像:シャットヤンシー効果

 

 

アレキサンドライトには

インクルージョンがあまり含まれません

 

 

硬度や靭性も強い部類の為

取り扱いは楽だといえます

 

 

普段の乾拭き、

ぬるま湯と洗剤の洗浄も可能です

 

 

劈開性は無いので衝撃で

劈開することがありません

 

 

日常生活での使用に

適した宝石と言えます

 

 

アレキサンドライトは色がポイントです

色の変化の度合い、色の濃さ

色合いのバランスが重要になります

 

 

条件を上げると大変高価になるため

なかなか使用することは難しいですが

一度持つと手放したくなくなる宝石と

言われるほどに魅力的な宝石です

 

 

「宝石の皇帝/王様」などと呼ばれる宝石ですので

いつかは手に入れてみたいものですね

 

 

 

※注意※

悪質な販売店では、画像での説明の際に

ブラックライトを当てて変色させるそうです

 

 

実物をしっかりと確認するか

信頼できる販売店で手に入れてください

 

極細ウェーブメレリング

極細ウェーブメレリング

 

 

 

FLACIAでは

プラチナとダイヤモンドの

ジュエリーを販売しております

 

 

本物のレンタルもありますので

実際に着用して品質と着用感を

ご確認できます

 

 

ぜひお試しください

 

バナージュエリーレンタルへ移動

 

それでは、よい一日を!

 

 

【宝石知識一覧はこちらから】

 

 


※間違い、ご不明な点がありましたら、「お問い合わせ」よりご連絡ください。


バナーショップへ移動

バナー全商品へ移動

バナーサプライズコインへ移動

バナー質問コーナーへ移動


 

BLOGカテゴリへ移動
BLOG一覧へ移動

商品カテゴリー

  • リング
  • ピアス
  • ネックレス
  • サプライズコイン
  • ハーフエタニティリング

  • 全商品
  • 新商品
  • 限定品

メイドインジャパンでしかできない

FLACIAジュエリー