BLOG

BLOGカテゴリへ移動

ダイヤ

ダイヤモンドの品質・グレード評価について【4C・ジュエリー】

  • 2019年06月05日

バナー全商品へ移動

 

 

こんにちは、FLACIAです

 

 

今回はダイヤモンドの品質

いわゆる4Cについてご紹介

 

 

ダイヤモンドは品質基準は

 

1.CARAT(カラット):重量

 

2.COLOR(カラー):色

 

3.CLARITY(クラリティ):不純物の含有度

 

4.CUT(カット):形状の評価

 

この4つの頭文字から「4C」と呼ばれます

4Cの優劣によって値段が決定されます

 

 

評価が高いと高価になり

低めの基準にすると

安価で購入できる場合もあります

 

 

さて、それぞれの基準を解説します

 

 

1.CARAT(カラット)

 

そのままダイヤの重さです

1ct=1カラット=0.2g=200mgです

 

 

重さは単純に大きさに関係します

 

おおよその大きさ以下の表を参照ください

 

ダイヤ品質カラット

 

原石から削り出すため

カラットが大きいものは希少です

 

 

 

2.COLOR(カラー)

 

ダイヤモンドは無色の方が価値がありま

窒素を含むと黄色いイエローダイヤとなります

 

 

最高の評価は【D】

黄色の強さにより【Z】まであります

 

 

評価は以下の表になります

 

ダイヤ品質カラー

 

【G】【H】あれば無色に見えるでしょう

 

 

 

3.CLARITY(クラリティ)

 

天然の鉱物であるダイヤモンド

成長の過程でインクルージョン(内包物)

含みながら大きくなります

 

 

 

内包物が多いと光の反射が邪魔され、

透明度が低下します

 

 

クラリティでは、

10倍拡大した状態を基準

インクルージョンの有無や大きさ個数などを

総合的に判断し評価をします

 

 

評価基準は以下の表となります

ダイヤ品質クラリティ

 

各評価は以下の略です

FL:Flawless / IF:Internally Flawless
VVS:Very Very Slightly / VS:Very Slightly
SI:Slightly Included / I:Imperfect

 

FLやIFは大変希少

とても高価になります

 

 

 

4.CUT(カット)

 

ダイヤのカットには3つの評価があります

 

A.プロポーション(PROPORTION):形状

B.シンメトリー(SYMMETRY):対称性

C.ポリッシュ(POLISH):研磨状態

 

 

この3つの総合評価を以下の基準で評価をします

 

ダイヤ品質カット

 

3つ全てがEXCELLENTである場合

特別に3E(トリプルエクセレント)とよびます

 

 

 

ダイヤモンドは基準があるため

価格的にわかりやすいです

 

 

 

他の色石・宝石には基準がないことも多いため

価格を判断するのは難しいこともあります

 

 

 

結婚指輪など

オーダージュエリーの場合

ダイヤの指定もできるお店があります

 

ダイヤモンドを探す際の参考になれば幸いです

 

 

TOP

プレミアムシンプル1粒ダイヤモンドリング

 

 

FLACIAでは

中石のダイヤは0.1ct以上で

Gカラー以上、SVクラスのダイヤ

使用しています

 

 

 

色、透明度共に

大変クオリティが高いものを

選んでいます

 

 

品質の高いダイヤとプラチナで

作られるジュエリーは

きっと満足いただける輝きです

 

 

 

本物のジュエリーレンタルもご用意しています

バナージュエリーレンタルへ移動

 

それでは、よい一日を!

 

 

 


※間違い、ご不明な点がありましたら、「お問い合わせ」よりご連絡ください。


バナーショップへ移動

バナー全商品へ移動

バナーサプライズコインへ移動

バナー質問コーナーへ移動


 

BLOGカテゴリへ移動
BLOG一覧へ移動

商品カテゴリー

  • リング
  • ピアス
  • ネックレス
  • サプライズコイン
  • ハーフエタニティリング

  • 全商品
  • 新商品
  • 限定品